介護現場の介護福祉士の仕事とは?

介護系の資格の中で誰でも資格を取得できるヘルパー2級などの資格と違って受験資格がある介護福祉士は現場では一目置かれる資格です。
最初はヘルパー2級を取得して介護の現場で働き、仕事を続けながらステップアップしていく事も可能ですが必要な年数の実務経験が必要になる資格です。
しかし一律で実務経験が必要なわけではありません。
高校卒業後に福祉系の短大、専門学校、大学に入れば介護福祉士の資格が取得できます。
なので、介護の現場では経験もしっかりあるベテランヘルパー2級の職員の上司に新卒の社会人経験のない介護福祉士の正社員というあべこべ現象が起きていたりするのです。
実際そういう人間関係で苦労する事も最初はあるかもしれませんが、資格がものをいう職業ですので仕事に困ることは無い資格でしょう。