青汁ケール効果は?

ケールは、青汁の原材料としてもっとも一般的な野菜です。
日本で最初に作られた青汁も、ケールを原料に作られました。
ケールは、高さは1mから中には2mに達することもあり、葉1枚の長さは60センチという大型の緑黄色野菜です。
ケールがはじめて日本にやってきたのは江戸時代で、明治時代には何種類かのケールが栽培されるようになりました。
ケールが青汁の原料になったのは、第二次世界大戦中の食糧難がきっかけです。
緑黄色野菜の栄養素を最も効果的に摂取するには、生の野菜をぎゅっと絞るのが一番。
しかもケールは緑黄色野菜の中でも濃い緑色からもわかるように葉緑素を初めとする栄養素がたっぷり。
こうして、ケールが青汁の原材料として定着していきました。
ケールから作った青汁は、栄養バランスが良いのが特徴です。
ビタミンB群の一種である葉酸がたくさん含まれていることもケールの青汁の特徴です。
ケールの青汁には、血栓ができにくくなるアリルイソチオシアネートという化学物質が含まれていることにも注目です。
このアリルイソチオシアネートは、アブラナ科の植物に特有の物質なので、ケールの青汁ならではの効能です。
ケールの青汁は、良質の食物繊維も豊富です。
ケールの青汁で、手軽に栄養を補給して健康維持に役立ててください。
青汁の効果口コミは嘘?私の本音体験談【比較結果ランキング】